PFAS規制に関しまして

PFAS規制について

〇PFASとは

PFASとは主にパーフルオロアルキル化合物の略称であり、いわゆるフッ素化合物がこれに当てはまります。PFASには4,730種類以上があると報告されており、特に有名なのはペルフルオロオクタン酸(PFOA)とペルフルオロオクタンスルホン酸(PFOS)の2つです。
PFASは英語で「Forever Chemicals(永久的に残る化学物質)」とも呼ばれ、自然界や体内で分解されにくく、生成されると蓄積されやすい物質です。

〇PFAS規制について

現在欧州では、環境や生態系に悪影響を及ぼすとして、このPFASの生産や使用をなくそうという動きが見られます。欧州の化学物質管理の法規則である「REACH規則」などで規制が決まれば、PFASの生産・使用・輸入が規制され、ドイツやオランダなどの欧州5か国はPFASの一括制限を提案しており、早ければ2025年にはEUでPFASが規制される可能性があります。

〇PFAS規制の影響

今回のこの規制では毒物学上・環境上悪影響のある低分子のフッ素化合物だけでなく、一般的に使用される難解性のある、人体などに重大な影響を及ぼさないとされる高分子のフッ素化合物までもが対象になっております。
現在用いられているフッ素樹脂コーティング等が規制されることで、EU圏では自動車や半導体、化学分野や医療分野までさまざまな業界で使用できなくなり、EUを超えて世界の産業に大きな影響を与える可能性があります。

ですがいくら人体に影響がないといっても、この動きは大きなものであり、
規制が進めばそれに従わなければならないのも事実です。

フッ素樹脂コーティングの性能をそのままに、PFAS規制に含まれない素材での代替品を、となれば、セラミックコーティングやシリコン系のコーティングが考えられます。

現在このPFAS規制によってフッ素樹脂の使用の中止を余儀なくされている企業様も多くおられると思います。
PFAS規制により現在使用しているコーティングの変更等でお困りであれば、できる限り代替品の提案等させていただきます。

代替品と致しましてはまずセラミックコーティング、
さらに「FCX coat Antonym」が2023年7月から販売を開始しています。
PFASを使用していない原料で、日本での使用実績はありませんが、海外での使用実績は十分にございます。
ぜひ一度お問い合わせください。